TOC思考を活用した戦略立案のアプローチ

戦略立案のアプローチ

貴社が抱える課題を体系的に紐解いて、将来の目指す姿を設定する為に、コアメンバーにてTOC理論(全体最適)による整理を実施します。その後、具体的なDX推進プラン案​の策定を実施します。​同時に貴社コアメンバーの​DX知見・論理思考を高める​ことを目的としています。

■TOC理論とは

全世界的に有名な『ザ・ゴール』などの著者である、イスラエルの物理学者、​エリアフ・ゴールドラット博士により開発された全体最適マネジメント理論。その内、3つの道具(ブランチ・クラウド・アンビシャスターゲットツリー)を活用した「TOC思考プロセス(全体最適の問題解決手法)」で整理を実施します。論理的に問題の本質を捉えて解決し、部分最適化されてしまっているビジネスを全体最適化させることが可能です。​


STEP

自社状況の把握

インタビューから現状を整理して​SWOT分析で戦略を洗い出していく
・インタビュー
・SWOT分析
・クロスSWOT分析

STEP

TOC思考による問題の全体最適化

TOC思考プロセスにて、論理的に​問題の本質を捉えて全体最適化を目指す
・クラウドによる対立解消
・ブランチによる戦略立案
・アンビシャスターゲットツリー

STEP

戦略プラン案の策定

戦略より具体的推進プランを策定し、​実行スケジュールへと落とし込む​
・DX推進プランの策定
・DX実行スケジュール立案